「だってAngeliqueのほうが癒されるし..」
第4回目
八洲美樹乃(Mikino YASHIMA)
前略、早野愛利佳様。

お手紙ありがとうございます。アレはまだボクが村田和美萌えしていた頃、水曜日になると、彼女がアシスタントしている公開生ラジオを観るために、渋谷タワーレコード前によく集っていましたね。

その頃、ボクは池袋在住だったので、サンシャイン噴水広場のイベントのために朝4時に例の自動ドアの前で寝転び、整理券が配布されるのを待つことが当然の行為と思っていました。きっとボクはそんなコトを続けてるうちに、早野さんの云う
「世間の端っこ」を自ら進んで歩むようになっていたのでしょう。

ボクは、音楽自体にさほど興味が無く、CDは握手券の変わりなので、皆様のように音楽について書く事は困難です。ボクは現場(イベント)でいろいろ
「ふれあい」をするコトのほうが好きだから。握手したり、そこで会話したりする。そんなごく限られた時間での「ふれあい」に力を費やします。当たり前だけど、ファンの数に反比例して、そこでの「ふれあい」が長くできるので、知らず知らずのウチに客の少ない女のコのイベントのほうへ顔を出すようになっています。

ただ最近、客の少ないイベントに行くと、タレントと常連客の関係が近すぎて、
新規顧客を生みにくい状況に陥ってますね。最近の町田恵のイベントなんかはそんなカンジらしいけど、常連客だけで完結したその雰囲気は、他の客の居心地の悪さを生み出しています。きっと、タレントを自分達だけのものにでもしたいのでしょう。特に、チェキ流れの客は、そういう傾向にあると思います。

そんな、
ムラ社会のようなモノがあるので、まずはその常連客なんかと仲良くならなきゃいけないんじゃないか、そうしないと楽しめないのでは?とか余計なコトを気にしなきゃいけなくなる。そのうち面倒なので他の客は足を運ばなくなる。

だって、他にも楽しいところはあるから。それでは、客も増えないから、結局タレントさんの為にならないような気がします。どのような行動をとれば本当に喜ばれるか、限りある時間と空間のなかでどう
スマートにアピールできるか、少しは考えてみましょう。

あと、ついでだから云っておくと、
chee'sのライブでPPPHが喜ばれないことに早く気付きましょう。ノザメグをストークするのはやめましょう。日記でのあの事務的な書き込みは、かなり怒っている証拠です。そんな、無節操なチェキ男クン達に、フレンズの「がんばらないで」をお勧めします。でも、フレンズのイベントに来るのは結構ですヨ

Copyright (C) 1999,2000. CXCO-NET Project All Rights Reserved.